カテゴリー
祈り

不妊症と流産の癒しのための祈り

主イエス、あなたは生命の創造主であられます。あなたは「ヨハネによる福音書」10章10節のみ言葉の中で、「わたしが来たのはあなたが命を受けるため、しかも豊かに受けるためである」とおっしゃいました。どうかわたしの配偶者とわたしを人類の子孫繁栄のためにお使いください。何故なら神のみ言葉にしたがって、あなたはわたしたちが「産み、増え」(創世記9章1節)ることをお望みだからです。主イエス、子宮内膜炎、不規則な排卵、卵子と精子のどちらか、あるいはその両方の量的・質的な乏しさ、多嚢胞(たのうほう)性卵巣症候群、輸卵管の詰まり、または損傷、精巣(睾丸[こうがん])の損傷など不妊症のありとあらゆる原因を癒してください。わたしはイエス様の力ある御名によって、イエス様の御血潮によって、わたしの配偶者、わたし自身、そしてわたしたち夫婦の血統に向けられた不妊と流産の呪いを破棄し、取り消し、それらを完全に無効なものとします。わたしはイエス様の聖なる御名の内に、無原罪の御(おん)宿りであり聖霊の浄配であるマリア様のご保護のマントを通じて、わたしの配偶者とわたしに妊娠の祝福を伝達します。主イエス、骨盤腔(こつばんこう)から異常な細胞も取り除き、小さな卵胞がより大きな、より成熟した卵胞へと発達し、卵子が適切に放出されるようにしてください。聖霊様、来てください。どうかイエス様の御名によって卵子と精子が受精・受胎し、正常で健全な胎児へと成長するように力を放ってください。主よ、あなたの愛の賜物と命の賜物を感謝いたします。これらのことすべてをイエス様の力に満ちた御名によって、神の偉大な母マリア様とマリア様の夫、聖ヨセフの取次ぎを通して願います。アーメン。

『今ここにある奇跡』(ボブ・カントン著、四谷祈りの集い訳)第17章から抜粋

コメントを残す